ホテル・旅館のコツ

ホテルと旅館の違いとは

ホテルと旅館は一見どちらも同じような宿泊施設でどのような違いがあるのか判断しにくいですし、法律上でも曖昧だったり施設名を営業者が自由に名乗ったりしています。実際ホテル、旅館両方の名義で名乗っている宿泊施設は多く、予約する際に迷われた方もいらっしゃるでしょう。

しかし、予約した時点で自分の思い描いている宿泊施設と異なっていたら、いざ到着したとき大変な事になってしまいますよね。日本ならまだ対応できますが、それが言葉も通じない海外だとしたら…。ホテルと旅館についての理解を深めていきましょう。

ホテルとは

観光地や温泉街といった場所に立つホテルで主に旅行者向けの施設です。基本的にホテルは室料制となり食事はホテル内のレストランなどで別料金となりますが、一泊二食つきのプランを提供している場合も多いようです。

近年の観光業の発達により、ホテルの規模は大きいものから小さいものまで幅広く、ゴールデンウィークなどのシーズン時と通常時では大きく宿泊料金が変動します。

ホテル施設内にシングルルームや大浴場などの設備が無いことが多く、基本的には家族連れを対象とした作りなっていることが多いようで、ホテル内部にゴルフ場やテニスコートなど何らかの施設を設けている場合がほとんどです。

さらにホテルと一言で言ってもビジネスホテル・リゾートホテル・シティホテルなどがあります。内装の装飾にこだわらない方や、できるだけ安く利用したい方はビジネスホテルを利用してはいかがでしょう。また、リゾートホテルでも団体ツアーやキャンペーンによっては安い値段で抑えることができますので、浮いた宿泊費は自由に使うことが出来ますよ。

また、最近は愛犬家の方にもうれしい、「ペット泊まれる」温泉宿、というものもありますので、ペットを飼っている方は合わせてチェックしてみてください。

旅館とは

客室が和室であり一部屋二人以上の旅行者を対象としています。修学旅行者や観光客がよく利用し浴衣などの貸し出しているため旅館内ではそのまま移動でき、外に出る場合は下駄などの外履きを貸してくれるところが多いようです。

温泉の源泉を引く量に限りがあるため大浴場が主流ですが最近では各部屋に露天風呂を設ける旅館も多いようですが、源泉掛け流しかどうかは事前に確認する必要があると思います。

ホテルと違い宿泊料金に食事代が含まれていることが多いのですが、食事の時間帯や入浴時間はいつでも可能というわけではなく少なからず制限があるため、宿泊する旅館に前もって話を聞いておくと良いでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

大阪で結婚写真の撮影
美味しい梅干
ネットのファックスを契約