ホテル・旅館のコツ

選ぶスーツケース

スーツケースの選び方には次のポイントがあります。

スーツケースのポイント

ポイント(1)
材質金属製のハードケース、布製のソフトケース、ブランド品などの革製があります。
ハードケースは、空港で乱暴に扱われても大事なおみやげが壊れたりする危険も少なく海外旅行にはたいていの方が選ばれるようです。
アメリカなどでは布製のソフトケースが軽くて安いので一般的です。
ルイビトンは旅行鞄からはじまったように、ブランド品も高価ですが素敵です。
ポイント(2)
サイズ使用目的により適切なサイズを選ぶ必要があります。
街で見かけるのは小さなものです。
飛行機の機内に持ち込見たい場合、各航空会社で大きさが決まってますので、確認の上購入する必要があります。
海外旅行用というと販売店では何日の旅行ですかと聞かれることが多いですが、何回も旅行に行くことが見込まれる場合は大きめが便利です。
あまりにきっちりのサイズだと、毎晩宿泊のホテルで荷物が入らないため四苦八苦することになります。
大きめだとボンボンいれれば荷造りが終わってしまいます。
あまり大きいと、とくに幅があるとタクシーのトランクに入らなくて座席で運ばなければならないこともありますので80Lくらいが無難です。
ポイント(3)
値段一般的にブランド品はもちろんブランドによって変わりますが高いです。
ソフトケースは一般的に安く、有名メーカーでないとさらに安いです。ハードケースはソフトケースより高いと言えます。
ポイント(4)
重さハードケースはそれだけで5KGあったりして重いのですが、今年サムソナイトからハードケースでソフトケースとおなじかそれ以下の重さの新製品がでました。
ただでさえ荷物は重くなることが多いので鞄の重さは軽いに限ります。
ポイント(5)
丈夫さ海外旅行にいくとスーツケースは意外と故障します。
もっとも故障しやすい場所は車輪です。
物によっては1回の旅行で車輪がとれたり、音がするようになったりします。空港で荷物を引き渡された直後に航空会社の窓口に申し出ると修理をしてくれたり、修理代を負担してくれたりしますが、時間がない場合も多く、自費で修理することになる場合も多くなります。
丈夫さもひとつの選ぶポイントです。
ポイント(6)
レンタルあまり頻繁にスーツケースを使う予定がない場合、家が狭くて収納スペースがない場合、気にいったスーツケースが見つからず購入を延ばしたい場合、レンタルも選択肢の一つです。
ポイント(7)
購入場所店舗で実物をみると、持ちやすさや色や風合いを確かめて安心です。
インターネット通販でも安売りをして配達してくれるので便利です。

check

口コミで話題のラ・パルレ