ホテル・旅館のコツ

部屋のタイプ

ホテルや旅館を予約する際、部屋の種類が沢山あって困ったという経験をしたことは無いでしょうか。人数や目的によって部屋の広さや特性を考えて予約をしたほうが賢いでしょう。

客室の種類にもよりますが予約する際部屋の内装にこだわらない、人数分のベットのみ使用したい場合など、普通に予約するより安く済む方法もあるんですよ。

また、ホテル側が多人数用として用いている客室は実はエキストラベットを加えただけの狭いものもありますので客室の種類には十分気をつけたほうがよさそうです。

シングル(セミダブル)ルーム
1名用。文字通り一人用のシングルベットが備え付けられていることが多い。セミダブルルームはシングルルームの二人使用として比較的割安で利用できます。リゾートホテルなど家族向けの施設にはもともと備わってない場合がおおい。ビジネスホテルには多々見られます。
ダブルルーム
2名用。キングサイズやクイーンサイズのベットが設置されていることが多いようです。アメリカなどでは夫婦が一つのベットを使用するのが一般的とされているのでこの形式は海外のホテルによく見られます。
ツインルーム
2名用。シングルベットかセミダブルベットが2台設置されていて、日本のシティホテルなどはこの形式が多いようです。
トリプルルーム
2〜3人用。通常の部屋にエキストラベットが備え付けられていることが多いです。ベット自体は2名分ですがエキストラベット(簡易ベット)を加えることによりトリプルになります。予約をする際は十分注意が必要です。
フォース・ファミリールーム
4名以上。トリプルルームにエキストラベット、ソファベットを加えることにより4名以上宿泊できるようになっている客室です。家族向けのため、リゾートホテルなどはこの形式が多いようです。和洋室もあり、ベットと布団に分かれて4名で宿泊することが可能。
エグゼクティブ・デラックス・コンフォート・スーペリアルーム
スタンダードな部屋より少し大きめに作られた部屋でソファやベットも大きめのものが設置されていることが多い。割と高級な客室。
スイートルーム
通常の客室は寝室のみで作られていますがスイートルームは独立したリビングなどがあり、高級なホテルではいくつもの部屋が設置されていて、マンション一戸分に相当します。ランチやルームサービスをスイートルームで行えるプランもあり、かなり高級。
コンドミディアムルーム
長期滞在向けにキッチンや冷蔵庫などが設置されていてその場で自炊することが可能です。